矢印代わりの青汁
矢印代わりの青汁
ホーム > 注目 > 気がつけばクレジットカードでとんでもない額を

気がつけばクレジットカードでとんでもない額を

初めてキャッシングをするときは、利率や手数料も気になりますが、安心感も大事ではないでしょうか。

 

私は大手の中から選びました。

 

三井住友銀行系のモビット、新生銀行系のノーローンなどのほかに、駅前で見かけるアコムやプロミスといった消費者金融系が有名ですし、コマーシャルを見ることも多いですね。

 

CMや広告など宣伝費をかけている会社をあえて選ぶ利点は、いわゆる『お得感』です。

 

なんといっても利率が低いのです。

 

CMで呼びかけているように計画的な利用が大前提になりますが、高い利率より低い利率を選ぶほうが、確実に月々の返済額が減り、キャッシングで一番怖い「延滞」の危険性も避けられます。

 

お金を融資してもらうって無制限に借りられるって思っている人が多々いるようですが、実をいうとそういったことはありません。

 

融資にはキャッシング枠というのがあり、その枠内でのみキャッシング不可能なので、気を付けなければいけません。

 

ひとむかし前までは借りるのに気後れしがちなカードローンでしたが、最近は銀行ATMで使えるところが増えましたし、コンビニATMも使えるなど格段に便利になりました。

 

あくまでも銀行ATMで、よく見ると使える会社一覧表にカード会社の名前も載っているくらいですから、「今、お金借りてます」的な不自然さがないところが利用者にとっては嬉しいところです。

 

ただ、手軽で短時間に現金を手にすることができるため、ウッカリすると借入額が増えてしまうのがデメリットでしょうか。

 

だけど借入というのは元々計画的に行うものなので、うまく使いこなすのは本人次第なのではないでしょうか。

 

債務整理は専業で主婦をしている方でも選べます。

 

もちろん、内々に処分をうけることもできますが、金額によっては家族と相談する方がいいです。

 

専業主婦でも支払いに行き詰れば、弁護士にアドバイスをもらって何とかすることが可能です。

 

ストレスがたまって買い物に歯止めが利かなくなり、気がつけばクレジットカードでとんでもない額を使ってしまっていました。

 

いざ支払いをする段になって、困り果ててしまい、カードのキャッシング機能を使いお金を用意したので、今度はそちらの返済にも困ってしまい、八方塞がりの状態になってしまいました。

 

まとまったお金といえばもう退職金しか考えられず、退職を決意したものの、両親に猛反対されて退職を思い留まり、両親に援助してもらうことになりました。

 

最終的には、利息なども合わせて5百万円にもなっており、両親には本当に申し訳なく思いますが、貯えていたお金をほとんど使わせてしまうことになりました。

 

これに懲りて二度と無茶なお金の使い方をしないよう散々お説教をされた後、借用書と誓約書を書いて誠意を示し、返済をしながらでも堅実な生活を送ることが出来るようになりました。

 

親というのはありがたいものですね。

http://madisonocarroll.com/